引越し会社に荷造りから荷ほどきまで依頼することも

仕事をしながら引越すとき

単身者が、仕事に通いながら引越し作業をおこなうのは至難の業です。単身者とはいえ、寮に住んでいるのでもない限り、家財はそれなりに増えるものです。仕事で多忙だと、日常の掃除洗濯さえなおざりになりがちでしょうから、引越しの荷造りや荷ほどきに割く時間などないこともあるでしょう。引越し会社の中には、荷造りや荷ほどきもおこなうプランを設定しているところもあります。通常は、引越し会社は大きな家財だけを荷造りしますが。

荷造りだけ依頼することも

引越しの際は、解約日に明け渡すため、荷造りは絶対に間に合わせなくてはなりませんが、荷ほどきはいくら遅れても構わないものです。そのため、荷造りだけを引越し会社が代行するサービスもあります。衣服も食器も、すべて引越し会社のスタッフが段ボールに詰めてくれます。他人にそうしたことを任せるのに抵抗のある人もいるでしょう。一方、友人知人に引越し作業を手伝ってもらう人も少なくはなく、案外平気な人も多いのかもしれません。

当日に依頼することは困難

中には、引越しの当日まで荷造りが間に合わない人もいます。引越しトラックが来ても、荷造りが終わっていない場合、引越しトラックはそのまま帰ってしまうこともあります。しかし、中には荷造りを手伝って、なんとか荷物を搬出し、運んでくれる場合もあります。当日に荷造りサービスを受けられるかどうかはケースバイケースですが、たとえ当日に引き受けてもらえても、料金は割高となりますので、遅くとも前々日くらいには依頼するのが望ましいでしょう。

不用品の回収を専門業者に任せることで、余計なコストを削減することが出来、スムーズに家庭内の粗大ごみなどを綺麗にすることも可能です。