紙のアイムカードはもう古い?ICを使ったタイムカードの魅力

これからはICカードで勤怠管理

社員やアルバイトが出勤してくると、昔ながらの紙のタイムカードをタイムレコーダーに突っ込んで、ガチャンと打刻を行っている職場も多いことでしょう。ところが、最近では紙のタイムカードではなくICチップを埋め込んだカードをタイムレコーダーの読取機にかざすだけで、出退社の時間を打刻できるタイムレコーダーが人気となっているそうです。近い将来、ICカードのタイムレコーダーが紙のタイムレコーダーを駆逐するのではないかと見られています。

紙のタイムカードのデメリット

紙のタイムカードにはいくつかの弱点があることが指摘されてきました。まず第一に、タイムカードに打刻された時間を、給与計算のために集計するのにたいへんな労力を要することがあげられます。社員やアルバイトが何十人もいる職場だと、全員分の出社時間や退社時間をパソコンに転機して、労働時間や遅刻した時間などを集計するのはあまりにもたいへんな作業です。また、毎月タイムカードを取り替えなくてはいけないため、社員全員分のタイムカードを用意するだけでも手間がかかります。

ICカードならではの強みとは?

ICチップを埋め込んだカードを社員やアルバイトにそれぞれ1枚ずつ手渡すことで、紙のタイムカードの弱点がすべて解消されるとしたらどうでしょうか?勤務時間の計算は給与ソフトにデータが送られ自動的に集計がなされます。また、毎月ごとに新しいタイムカードを準備する手間もかかりません。コスト削減に意識的に取り組んでいる企業ほど、ICカードを使ったタイムレコーダーを導入しているケースが多いといいますが、納得ですよね。

タイムレコーダーは、社員の勤怠管理を行う際に利用される器具の総称です。従来は紙で出来たカードを各社員が管理する形で利用されてきましたが、近年はICチップを利用したものが増えています。